薬剤師としての確かなスキルが求められる管理薬剤師の仕事とは

管理薬剤師 > 管理薬剤師として病院で働く

管理薬剤師として病院で働く

医師が患者さんに最適な薬を処方し、処方箋に従って薬を患者さんに調合・販売するのが薬剤師の主な仕事です。 最近では病院で処方箋が出されて、それを調剤薬局に持っていくという流れが一般的ですが、病院で薬を渡すという流れの場所もあり、そこでは薬剤師が活躍しています。
パート薬剤師の勤務状況

病院で薬剤師として働くのは最近数が限られてきていて、人気が高く、狭き門となっています。 病院での薬剤師と調剤薬局での薬剤師、薬を患者さんにお渡しするという仕事内容は同じですが、その専門性のレベルに違いがあります。

一般の調剤薬局では、薬剤師資格を持っている方であればほぼ対応できるレベルですが、病院の薬剤師は特定の病気に特化した知識を持っている事が必要になる事が多いです。 癌や感染症などの病気はその専門性が高く、自分から勉強したり、経験を積んでいないと身に付かない分野です。

そのため、病院で薬剤師として働く人は知識やスキルのレベルが高い、実力のある方という事ができるでしょう。 そのため、チャレンジしたいという方は多くなっています。 それに対し、病院の薬剤師の求人の募集はとても少なく、倍率はとても高くなりやすいです。 ですが、目標として掲げて、頑張ってみるのも良いでしょう。

患者さんとのコミュニケーションはありますが、やはり病院は患者さんの数も多く、一人ひとりの患者さんとのやり取りは調剤薬局よりは薄くなりがちです。 調剤薬局では女性の方が多く活躍されていますが、病院は専門性を高めたいという気持ちが強い男性の方が向いていると言えるかもしれません。

転職サイトなどで薬剤師の病院の求人を探してみると、中々見つからなかったりする事もあります。 ただし、そういった場合にも、相談に乗ってくれたり、お勧め求人を提案してくれるアドバイザーが付いてくれる転職サービスなら非公開求人という形で求人を確保している場合もありますので聞いてみましょう。 まずは様々な情報源から当たってみて、求人を探していく事をお勧めします。

薬剤師の転職について

全国的に見てもまだまで薬剤師が足りていない状態ですが、この薬剤師不足は徐々に解消される傾向にあると言われています。

ある日突然、薬剤師が溢れて解雇されてしまうような事態はないはずですが、現在は薬剤師不足に悩んでいる病院や薬局などが多く、就職先を探している薬剤師からすると引く手あまたの状態ともいえるでしょう。 ただ、こういった状況は長くは続きません。

現時点で職場に不満があるのであれば、早めに転職を決意したほうがいいかもしれませんね。 そこで、これから転職をしようと思っている方のために知っておいて欲しい情報をご紹介します。

まず年齢に関すること。 多くの仕事では高齢になればなるほど就職や転職が大変になってしまいますよね。 薬剤師の場合はどうなのかというと、年齢はそれほど大きなデメリットにはならないようです。

ただ、職場によっては体力を必要とするところもありますよね。 走り回らなければならない職場や夜勤を必要とする職場では、あまり高齢になってしまうと体力的な不安があって面接に落ちてしまうこともあるかもしれません。

それから、昇給を期待して転職をする薬剤師の方もいるようです。 転職によって昇給を期待する事は可能だといえるでしょう。

または給料自体はそれほどアップしないものの、休日出勤がなくなったり、勤務時間が減ったという意味で実質的な収入アップに繋がっている方もいるようです。 ただ、転職を繰り返せばそれだけで収入がアップしていくかというとそうではありません。

どの職場でも実力系や経験にみあった給与を設定しているため、収入アップを目指すのであれば、キャリアアップやスキルアップについても考えていく必要があるでしょう。

転職する際の流れはそれほど難しくはありません。 近年は転職支援サイトを活用している方も増えているようです。

転職支援サイトを活用すればコンサルタントの方から条件にあった求人を提示してもらうことができるため、気になるものがあれば応募するだけでOKです。 求人元とこちらの要望があれば面接という形となり、採用となった場合には、転職サイトを経由した上で連絡が来ます。

需要がなくなりがちな薬剤師の特徴

薬剤師は様々な職場で働いていますが、仕事ができる人もいればそうでない人もいますよね。 現在は多くの地域で薬剤師不足が騒がれているため、薬剤師資格を持っているだけでも就職には非常に有利です。

ですが、必要とされる薬剤師になりたいと思っているのであれば、どのように行動すればよいのかよく考えてみてはどうでしょうか。

例えば、患者さんに信頼される薬剤師になるためには自分本位で動くのではなく、患者さんの立場になって考えられる方が求められています。 患者さんから信頼される薬剤師になるためには様々な勉強も行わなければなりませんよね。

薬剤師の資格を取った後も勉強を続けている方もいれば、その場で必要になる知識だけを得て何とか乗り切っている方もいるでしょう。 当然ながら、自分から積極的に様々なことを学ぼうとしている薬剤師の方が患者さんから信頼されます。

現状に満足し努力をしていない薬剤師は、患者さんから見てもわかります。 また業務を淡々とこなすだけで患者さんとコミュニケーションをとろうとしない、マニュアルに書かれているような決まりきった受け答えしかできないような方は、患者さんから信用されるのが難しくなってしまうでしょう。

当然ながら、薬剤師として生き残っていくことは難しいです。 今後薬剤師不足が解消され、今に比べて転職活動が簡単ではなくなった時に生き残れる薬剤師になりたいですよね。

そのためには、社会人として一般的な常識を持つことも重要となります。 薬剤師は様々な年齢の方と接する仕事ではありますが、年上の方に対してあまりにも砕けた口調で話したりすると一般常識がないと判断されてしまうかもしれません。

硬い口調は冷たいイメージを与えることもありますが、年齢や相手の人柄に合わせてうまくコミュニケーションをとれる人が今後も求められていくといえるでしょう。

また、いつの時代も向上心を持った薬剤師が求められています。 そういった方は様々な職場で活躍することが期待されているため、いずれ薬剤師不足が解消された後も転職活動で困ることはないでしょう。